記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄生虫にとって人間は家畜である


寄生虫にとって人間は家畜である。 ザウルス


 


寄生者が宿主の体内にいるとはかぎらない。



寄生者が常に宿主に接しているとはかぎらない。


寄生者が宿主より小さいとはかぎらない。


宿主が寄生者より複雑であるとはかぎらない。



宿主が寄生者よりも長生きであるとはかぎらない。


寄生者の本質は、宿主を自らの生存のために利用することである。


この意味では羊飼いは羊に“寄生”している。



人類が一部の草食動物を“家畜化”するよりもはるか以前から、アリはアブラムシなどの他の虫を“家畜化”していた。アリ集団はアブラムシ集団に“寄生”している。


自らの生存のために他の動物種を利用するのが“家畜化”である。この“一方的搾取”の関係において、搾取者の家畜に対する依存が全面的になってしまった極端な例が、いわゆる“体内寄生虫”である。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。