記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4. 遠いメモリー     日本語版、 英語版

<日本語版>


遠いメモリー (YouTube) 


                 作詞/作曲/歌 : ザウルス


1


笑わないなら、話します          
うっかり話すと、からかわれ
だんだん自信がなくなって
話題にするのはやめました


三年前の夏の深夜に
一人暮らしのマンションで
手すりにもたれ、星空の下
バージニアスリム吸ってた


右からスーッと出て来た光、
ふいにジグザグ駆けめぐり
上にのぼって強くかがやき
突然ぱっと消えました


 2


聞いてくれてありがとう
実はほかにも見ています
ビーナスラインを元カレと
ドライブしていた昼下がり


今もはっきり覚えているわ
左手遠く、銀色の…
次の瞬間、すぐ目の前に…
そのあと、あまり記憶が…


気がついたとき、もう夕暮れの  
広いスタバの駐車場
窓辺でカプチーノ、何も話さず
行き交う車見ていた


 3


なぜか彼とはそれっきり
今でも覚えているかしら
あの日あのとき空に見た
二人だけのメモリー


あのとき以来いつもだれかに
見られている気がする
それも戸外のひらけた場所で
強い視線を感じる


夜の光は今でも見ます
今の会社の寮でも
オレンジ色の光がたまに
私の帰り待っている


 


 <英語版>


Memory in the Sky  (YouTube)


                                                   lyrics/music/song: Zaurus


1


I’m going to tell if you don’t laugh it away
I was so careless I was mocked many times
I’ve come to avoid the topic in my conversation
As I’ve become less sure of what I saw with my eyes


It was in the middle of a summer night three years ago
I was alone in my apartment those days
Leaning on the balcony railing under the starlit sky
I was smoking a Virginia Slim


All of a sudden a light  came up  straight from the right
And started moving around  by sharp turns
It then went up and in turn began to shine brighter and brighter
Abruptly  it vanished  in the dark sky


 


2


Thank you for listening to me so patiently
Actually I’ve seen another one, which might be a little stranger
It was the time when I was in a car with my ex-boyfriend
We were driving on the mountainside  in the afternoon


I still remember it clearly as if it was just yesterday
It was silver and far left ahead
The next instant, it was almost hanging over our car
Leaving us little memory after that


When we came to, it was already in the twilight
We found ourselves in a Starbucks carpool
By the window we spoke no words over two cappuccinos
We were just watching the cars come and go


 
3


For some reason we’ve never met since that very day
I wonder if he remembers that even now
What we saw at that moment in the blue sky of that day
Our memory that was shared and lost forever


From that time on I have had a haunting feeling
That I’m always under the watchful eye
Especially when I am in the open outdoors
I feel myself being looked at intently


I still see those strange lights in the night sky even now
At the company dorm where I live now
An orange light is occasionally hovering above as if
Waiting for me to come home


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。