記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギョベクリ・テペ 建設想像図


ギョベクリ・テペ 建設想像図  /  Building Göbekli Tepe



出典:http://science.nationalgeographic.com/science/archaeology/photos/gobekli-tepe/


 1万2千年前の新石器時代の終わりに、まだ農耕を知らずに狩猟採集生活をしていた人類が驚くべき巨石神殿を建設していた。


古代エジプトのピラミッドよりも7千年前の時代であった。イギリスのストーンヘンジよりも5千年以上前のことである。


1994年にトルコでたまたま発見された、現代における最大級の考古学的発見である。


この発見は現在、考古学、先史学、歴史学、人類学のアカデミズムの世界に激震を与えている。


今までの人類史のパラダイム、文明発生の理論を根底から突き崩す起爆力を秘めた発見である。
























 


 


 


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。