記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ “核”発電所 と言わないか?


 日本という“言霊”の国では、国民は言葉によって簡単に操作、染脳される。



 2013年7月27日付 ヤフーニュース より


なぜはっきりと “核”発電所 と言わないか?


 


英語では nuclear power plant と呼ぶのだが、日本ではなぜか一般に 原子力 発電所 という。原子力、原子は atom, atomic のはずだ。実際、英語では atomic power plant  などとはふつう言わないのだ。


 


nuclear  power plant


      核 発 電 所


本来こうあるべきなのである。


             ( power plant  は電気工場、つまり電気を生産する施設を意味する )


 


問題は、日本語の “原子力” である。  なんで素直に“核”と言わないのか。


そもそも“nuclear” は “核” である。 さらに言えば、核物理学的に言っても、原子=核ではない.  “核” つまり “原子核” は、 “原子” よりも小さいはずではないか?


原子爆弾というものがかつてあって、地球上で使用されたことがある。それも、一般市民に対して使われたもので、しかも日本に落とされたものだ。日本の二つの都市に落とされ、壊滅的な被害を与えたものだ。人類史上実際に使用された兵器のうちで最大の破壊力を持つものであった。もちろんこの原子爆弾よりもはるかに上回る破壊力を持つ兵器もその後いろいろ開発されているし、ミサイル型のものもあり、スーツケース型の小型のものもある。


さて、この “原子爆弾”(単に“原爆“ともいう) という名称だが、英語ではたしかに “atomic bomb” である。しかし、この“atomic bomb” という呼称は、日本への投下後は使われず、以降 “nuclear bomb”(核爆弾)、さらに広くは “nuclear weapon”(核兵器) と呼んでいる。


 


ここでよく誤解が起きるので、注意してほしい。原料が原子から原子核に変わったというわけではない。当初も今も、莫大なエネルギー源として“核分裂”を利用するという原理とその応用の事実は変わらない。最初はおおざっぱに“原子”、“原子力” と呼んでいただけである。しかし、より定義が厳密になって、 “atom”(原子) ではなく、 nucleus”(核、原子核)、そしてその形容詞として “nuclear”(核の)という語が使われるようになったのである。これはちょうど、発見当初は AIDS(エイズ) と呼んでいたものが、その後の研究でより厳密な定義として HIV(ヒト免疫不全ウィルス)と呼びならわされるようになったようなものである。科学の歴史ではよくあることだ。


 


なので、英語では軍事利用であれ、平和利用であれ、今日ではすべて “nuclear”(核) を冠して呼ぶ。大量殺戮という目的であれ、電気を作る目的であれ、エネルギー源はすべて同じ核分裂なのである。



                 nuclear energy  =   エネルギー


                nuclear facilities  =   施設


                nuclear weapon  =  兵器


                 nuclear missile   =  ミサイル


              nuclear warhead   =   弾頭


    nuclear disarmament   =   軍縮


 


     nuclear submarine  =  潜水艦


 nuclear-powered carrier  =  空母


     nuclear power plant  =  発電所


 


いろいろと用例をあげたが、最後の3つの日本語は見慣れないので、違和感があったかもしれない。実はこの“違和感”がくせものなのである。


“原子力潜水艦”、“原子力空母”、“原子力発電所” と書いたり、言ったりしてくれないと不自然に感じるほどに日本人は染脳されているのである。それはこういうことである。


英語では、核分裂から取り出すエネルギーを“atomic”(原子) とはもはや呼ばず、"nuclear" (核)と呼び替えて、もう半世紀以上経っていて、英語というより世界の常識である。たとえば、フランス語でも韓国語でも、ロシア語でも、中国語でも、みなそれぞれの言語での“核”を使って表現している。


実は、この今では廃語の“原子力” (atomic) という用語を後生大事にして未だに利用している日本は世界でも非常に例外的な国であり、これには深い理由があるのだ。


種明かしをすると、日本では平和、安全であることを印象づけたい場合、もしくは軍事的核利用の印象を薄めたい場合に “原子力”が使われているのである。そして、“核”のほうは “戦争、危険” に使われている。この言葉の巧みな使い分けによる組織的染脳は、東京電力と政府によるもので、過去半世紀にわたって一貫して機能してきたし、今でも機能している。


どうして東電が張本人だと言えるのか?“核”を使った発電所を日本に導入した1960年代にはもう世界的に “nuclear” power plant という呼称が定着していたのに、それをわざわざ”原子力”発電所 と呼んで国内で広めたのは東電と政府の深慮遠謀である。しかし、最近は用語が増えて、さすがにこの言い換えが追い付かなくなって、ほころびかけている。しかし、それでもいちばん影響力のある“原子力発電所”や“原発”という言葉を一般化させて、その建設、稼働に反対する人たちも知らずに使っているのだから言葉による染脳は恐ろしい。日本という“言霊”の国では、国民は言葉による操作にあまりにも無頓着、つまり無防備である。「たかが言葉じゃないか!」というひとほど骨の髄まで染脳されている。それを認めると自尊心が傷つくので「たかが・・・」と自分に言い聞かせる傾向がある。


    原子力 = 平和 = 安全 = 善い


     核   = 戦争 = 危険 = 悪い


この二元論を国民に刷り込むために “原子力” という廃語を”廃物利用”して巧みに使いまわしてきたのである。


 


それでは、“原子力潜水艦”、“原子力空母” はどうなんだ?これらを平和利用とは言えないではないか!?はい、はい。これは、2つめの「軍事的核利用の印象を薄めたい場合」に当たるのだ。動力源と兵器の両方に核を使うようなアメリカの軍用艦船はしばしば日本に寄港、停泊し、新聞でも報じられる。反戦団体、反核団体がデモなどの運動を行うこともある。そういう状況で、“原子力=平和=安全善” という呪文が多少功を奏するのである。“核=戦争=危険=悪” ではありませんよ、という裏のメッセージを受け入れさせて、いわゆる“核アレルギー” をなだめるためである。


新聞、テレビを通じて一方で 「原子力発電所」、「原発」、「原子力の時代」「原子力平和利用」、そしてもう一方で「核兵器」、「核廃絶」、「非核三原則」、「核実験」という活字、音声が何十万回、何百万回と繰り返され、国民の頭に刷り込まれてきたのである。こうした言葉を疑わず、その言葉を受け入れてその言葉で思考していると、本人が意識するしないにかかわらず、“原子力”と”核”の善悪二元論の枠組みが頭の中にしだいに出来上がってくるのである。つまり、頭の中にいつの間にか引き出しが2つ出来てくるのである。当然だろう。


つまり、政府と電力業界とマスコミによって、日本人は “原子力” “核” とが “善” 悪” という対立概念であるかのように思わされてきたのである。政府も電力業界も、“原子力開発=平和=安全”はしているけれど“核開発=戦争=危険”はしていませんよと国民に思わせて、安心させ、油断させることに成功したのである。日本を、原子力=安全”発電所だらけにできた背景にはこうした陰の努力もあったのである“核=危険”ではここまでスムーズにはいかなかっただろう。日本の新聞もテレビもこの二元論を疑わずに垂れ流すかたちで加担してきた。じっさい、“非核三原則”とは言っても、“非原子力三原則”とは決して言わないのはなぜだ?原子力潜水艦原子力空母も、核潜水艦、核空母 ではない" から入って来れるのだ。


実体はすべて同じ “核” である。この禍々しい(まがまがしい)現実を少しでも覆い隠すために、“原子力=平和=安全善”というラベルを忙しく貼りまくってきたのである。“原子力”でもすでに十分禍々しいと言うひともいるだろう。そう思えるようになるためには3.11福島原発事故を待たなければならなかったのである。言葉によって、マスコミの利用によって、国民の思考、発想が優に半世紀以上も操作されてきた一つの例である。実に見事な染脳工作ではないか?してやられたものだ。気がつくまでは騙されていたということである。


これは何となくそうなったというものではない。意図的、計算ずくの結果である。そしてこれは、そのほんの一端であり、まだ見破られていないものもある。脱原発だけでなく、"脱染脳"も必要ではなかろうか?


 


 


 気がつくまでは、騙されていたということである。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

核発電

ボストンの話ずっと読んでいます。

核発電と呼ぶべきですね。昨年出版した拙著のタイトルも「日本新生さらば核発電」としました。
ただし、ドイツ語はatomikを使いますが。

将棋のプロの高段者に左利きの人が多いです。
でも、さらに上で、タイトルをとって守るという活躍をする人はほとんど右利きです。歴代名人で関根、木村、塚田、大山、升田、中原、谷川、加藤、羽生、森内、佐藤、丸山など、みな右利きです。左利きはいません。なりそこなった大内は左利きです。左利きはセンスは良いが持続性がないような気がします。

Unknown

Unknown

英語はAtomic Ageと呼ばれ、日本語は核時代と呼ばれることが多い。言語は昔の言い回しが残ってたり、例外規則が多いからね。

言語間の違いで言えば、例えば英語のWarheadは日本語では「戦争頭」なんて言わない。

Unknown

過去にも似たようなことがありましたね。
PKO=国連平和維持活動
とメディアは表現しましたが、
おかげで”Operation”という単語に、
軍事行動というニュアンスがあることを
日本国民は知らない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。