記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ボストン爆破事件”演習マニュアル (前半) p.1-20

パワーポイントのマニュアルである。いかに周到な準備に基づいて実行されたかが、写真を見るだけでもわかる。 もう5年前から構想があったことがわかる。ただ、これを見ても目が覚めないひともいることだろうし、もう過ぎたことだと考えるひとも多いだろう。特に日本人はすぐに忘れる。忘れたがる。


誤解のないように願いたい。この実行組織はただ“演習”をしたのではない。無実のチェチェン人兄弟を爆弾テロ犯人にでっちあげて、マスメディアを利用して実際のテロ攻撃であるように世界中に信じ込ませたのである。イスラム教徒のテロによって多くの死傷者が出たように見せかけたのである。チェチェン人兄弟の兄はすでにボストン警察によって殺害されている。その罪は重く大きい。さらにアメリカはテロ攻撃によって被害をこうむったフリをして、再びイスラム圏への攻撃をする時の正当化の口実を積み上げているのである。決して見過ごしてはならない。


“ボストン爆破事件”演習マニュアル (前半)   p.1-20


  
















 







以下に続く


 “ボストン爆破事件”演出訓練マニュアル  (後半)   p.21-39

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。