記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アルゴ」は核ミサイル1発に匹敵する

 「アルゴ」は核ミサイル1発に匹敵する


"ARGO" Equals to A Nuclear Missile



 


この映画は「野蛮人に捕えられた人質を文明人が頭脳を使って見事救い出す」という物語(フィクション)である。


 


実話という触れ込みであるが、当時の当事者たちが否定しているようだ。どうも、「映像実現」のようである。つまり、実際はなかったが、代わりに映像の世界で理想的に実現して見せるというパターンであるハリウッドに“不可能”はない。「ゼロ・ダーク・サーティ」と同様、「アルゴ」はCIAによって仕組まれたプロパガンダ映画であることは明らかである。エンターテイメント作品としていくらアカデミー賞を獲得しようが、反イラン映画としてのプロパンガンダであることには変わりはない。ベン・アフレックはこの映画の構想をCIAに持ちかけられて監督に担ぎあげられた。しかし、この映画を作った本当の目的を見据えておかなければならない。何のためにこんな映画を作るのか?


 


誤解のないようにお願いしたいが、わたしはこれらの作品を見るなと言っているのではない。わたし自身は、いずれ“大好きなテレビ”で観るつもりである。批判していて、なぜ見るのか?CIAの手口の研究のためである。こういう作品を観るときには作り手の意図、狙いを念頭に置きながら批判的に観るのでなければ意味がない。さらに言えば、そのようにして観たほうがわたしにはずっと“リアリティ”があって面白いのだ。しかし、観なくてもすでにわかることはある。それを以下に述べさせていただく。


 


当記事のいちばん下に転載したものは、“野蛮な国イラン”として描かれた当のその国が発信している「アルゴ」についての公式の記事である。アメリカ発の情報だけで世界がわかっている気になってはならないであろう。アメリカとイスラエルがいちばん敵視している国の視点にもときには目配りしてみよう。野蛮で間抜けなイラン人”というイメージ作りにやっきになっているアメリカの深謀遠慮を冷静に見据える必要がある。


 


アメリカは近いうちにイランに戦争をしかける計画である(順序としてはシリアを崩壊させてからになろう)。時間の問題である。戦争が始まるそのときにアメリカ国内や国外から反対や批判ができるだけ少なくなるようにするために今から反イランのイメージを大衆の頭の中に植え込んでおく必要があるのだ。そういった下準備をしておけばスムーズに運ぶのである。「ああいった野蛮な、非民主的な国は叩かれてもしょうがないんじゃないかな・・・」と一般大衆に納得させるためである。そのための準備工作を今から地道にしているのである。ベン・アフレックは今、次の戦争の露払い役をさせられているのである。アメリカは常に用意周到の国である。


 


そんなバカな、娯楽映画と戦争は別の話ではないか、とあなたは思うかもしれない。しかし、CIAが仕組んでいるのは「アルゴ」や「ゼロ・ダーク・サーティ」だけではないのだ。およそあらゆるメディアに食いこんでCIAはアメリカ国民と世界中の人々の考え方を操作している。軍事力による支配だけでなく、そういった情報操作による支配を併用することには多大なメリットがある。


抵抗が少ない、効率がいい、成功率が高い、損失が少ない、低コストである、気づかれにくいので批判されにくい。物理的実害を与えないので罪悪感が薄い。


逆に言えば、こんなメリットだらけの方法を世界最強の国が使っていないわけがなかろう。あえて言えば、こういった洗脳工作、大衆心理操作、イメージ戦略、文化侵略によってこそアメリカはいつまでも世界最強の国家の地位を保っていられるのだ。日本人はお上(カミ)やNHKが国民を騙すわけがないと思ってきた。しかし、2011年の3.11以降多くの人々が真実を知った。にもかかわらず、喉元を過ぎればまた元の“お上(カミ)性善説”に戻っている。どこの国のお上(カミ)、政府というものも、原理的に“性悪説”で理解すべきものである。


いや、実はある意味で戦争はすでに始まっているとも言える。戦争を軍事的な次元での事柄とのみ考えていては現実をつかみきれない。すでに“経済”戦争、“宗教”戦争になっていることはもう明らかではないか。同様に“心理”戦争、“文化”戦争が進行していると見るべきであろう。その観点からすると、「アルゴ」は核ミサイル1発に匹敵する。そのくらいのダメージをイランに与えている。それだけの“戦果”があったからこそ、アメリカ大統領夫人が「アルゴ」の作品賞の発表者を務め、功績を称えたのである。これを単なるご愛嬌と見ているひとはおめでたいかぎりだ。CIAによる演出は実に巧妙である。攻撃性や欺瞞を覆い隠すために女性を起用するのである。心理学的に言って、女性のほうが男性よりも非暴力的で公然とウソをつくことが少ないと思われているからである。「ゼロ・ダーク・サーティ」はまさにその例である。主人公も、そして監督も女性であることは偶然ではない。そこには大衆心理操作の綿密な計算がある。こうした演出はハリウッドではなくCIAがすべてやっている。ハリウッド映画界そしてアカデミー賞受賞式は単なる娯楽の世界ではない。今や文化戦争の修羅場である。しかし、彼らはいつでもとぼけて笑い飛ばせるのだ、「なにを目くじら立てているんだい?ただの娯楽映画じゃないかね、はっ、はっ、はっ」と。



 


日本にはCIAに相当する組織が存在しないので、日本人にはぴんと来ない。1つの国に匹敵する年間予算と、少なくとも13万人はいるだろうと推定される職員を抱えた世界最大の諜報機関である。諜報とは情報の収集だけでなく拡散も“創作”もするのである。収集も拡散も、そして創作の拡散も当然“ステルス”である。CIAはアメリカの国益のためなら隠れて何でもやってきたし、今も我々の目の前でメディアを通じて堂々とイメージ戦略を展開しているのだが、それが彼らの仕事だとはほとんどのひとは気づかないのであるつまり、われわれ自身が今日みんなCIAに裏をかかれるイラン人になっているのだが、それに気づかないで「アルゴ」に描かれる過去の騙されたイラン人を笑っているのだ。


 


出典: http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/35308-%E5%85%83%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%80%E5%A4%A7%E4%BD%BF%E3%80%81%E5%8F%8D%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8E%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%80%8F%E3%82%92%E5%BC%B7%E3%81%8F%E9%9D%9E%E9%9B%A3


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。