記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラリー・クリントン(9) トランプ暗殺計画?


ヒラリー・クリントン(9)  トランプ暗殺計画?


 (追記:2016.11.11: 以下の記事はトランプが当選する前のものであったが、“トランプ暗殺” の危険は当選後むしろはるかに高まっている。


なぜならば、当選前はどっちにしてもクリントンが当選すると多くの人間が思っていたからだが、今や次期大統領はトランプ氏に確定してしまったからだ。もはや民主的、合法的なかたちで排除できないとなると、残る方法としては暗殺しかない。)


「ヒラリー・クリントン(8)第2回討論の勝敗は?」 ですでに書いたが、このまま公正に選挙が実施されれば、トランプ候補が大統領になる公算が圧倒的に大きいと言える。



現在、主要メディアだけが、「クリントン優勢!」を大本営発表よろしく連呼しているが、アメリカの一般大衆の多くはすでにクリントンを見限っているのである。


 


そうすると、現在のクリントン候補にとって一番望ましいことは、対抗馬のトランプ候補が選挙前にいなくなることである。違うだろうか?


2人の大統領候補のうち一方が存在しなくなれば、自動的に残る一方の不戦勝となる可能性が出てくるではないか?


選挙の不正や票数のごまかしでトランプ候補を出し抜いても、再選挙となる公算が大きい。それよりも弾丸1発で対抗馬を抹殺したほうが手っとり早いという理屈が出てくるのではなかろうか?もちろんふつうの人間の論理からは出てこない。しかし、ここで問題にしているのはクリントン夫婦である。


 


今日のアメリカの権力構造は根っこから腐りきっている。司法も、警察も買収されて、あらゆる不正が大手を振ってまかり通っている。そうした不正、腐敗を象徴するのが クリントン夫婦 であり、彼らがが築き上げてきた “クリントン財団” である。




 


クリントン財団やその他のクリントン夫婦がやってきたさまざまな悪事を告発しようとした人間、証言しようとした人間、そして何もしようとはしなかったが、単に彼らの悪事を知っていた人間も数多く変死を遂げている という事実がある。


 



 


今年2016年の7月から8月の一カ月足らずの間に消された4人。いずれもクリントンの犯罪を証言、暴露しようとしていた人たちである。



 


以下9名は、同じく今年2016年の4月から8月までの間の “犠牲者” (上と多少かぶる)



 


ある者はピストル自殺、ある者は自動車事故、ある者は心臓麻痺、ある者はピストル強盗、飛行機墜落、火災、刺殺、と死亡原因は実にバラエティに富んでいる。ビル・クリントン元アメリカ大統領とヒラリー・クリントン国務長官にとって不利益なことを知っている人間の多くはすでに不慮の死を遂げていてこの世にいないのだ。いずれもクリントンのヒラリーかビルのいずれかの関与が疑われているが、元大統領と元大統領夫人への事情聴取は一切ない。



統計的にあり得ないほどの数の人間がクリントン夫婦の周りから消えて行ったのである。


 


 


しかし、そうした抹殺されたかに思える人間のうち15人から20人を、「自分が殺した」と名乗りをあげた男がいる。


 


 


 Larry Nichols という男で、クリントン夫婦のために、“邪魔” な人間を実際に殺してきたと証言している。 「自分はクリントン夫婦のためにひとを殺してきた殺し屋だった」 と公言している。言うまでもないが、自分は手を下さず、殺し屋を使って殺させた依頼者も殺人罪である。


以下はつい先日の彼のウェブサイトである。https://twitter.com/larrynichols1


 


 


 日付の10月10日は、もちろん今年2016年である。


 


tge clintons  の tge は


the のタイプミスである。


 


the clintons とは、


クリントン夫婦のことである。


 


「クリントン夫婦のために、15~20人を殺害したことを告白した」 と言っている。


 


 


 


しかし、警察やFBIがこの男 Larry Nichols を逮捕することもなければ、起訴することもないのだ。なぜだかあなたにはわかるか?



この殺し屋をうっかり逮捕すれば、この男に殺害を指示した人間が表面化してくることが必至であるからである。その殺害を指示した人間はあらかじめ警察やFBI に周到に手をまわして、この男をヘタに逮捕しないように命じてあるのだ。当然のことながら、引き換えにかなりの金がそれぞれのトップの人間の銀行口座に振り込まれているはずである。まるで、ギャング映画のような話だが、リアルタイムに起きていることなのである。



これがアメリカの現実である。正義と自由の国、アメリカの現実がこれである。


 クリントン夫婦は Larry NIchols が公に何を言おうとどこ吹く風で無視していられるのだ。警察も FBI も動かないので、クリントン夫婦は安泰なのである。要するに、金の力である。


 


さて、このクリントン夫婦にとって、現在いちばん邪魔な存在は、言うまでもなく、大統領選の対抗馬のトランプ候補ではなかろうか? この夫婦がトランプ候補のいなくなることを願うのはごく自然なことのように思える。この夫婦は今までに自分たちの利益を脅かす恐れのある人間は何十人も殺してきているのだ。ビル・クリントンは自分の子供を身ごもってしまった愛人を殺し屋に殺させてもいる。


 


ウィキリークスによるヒラリー・クリントンの大量のメールの暴露は彼女を窮地に追い込んだ。しかし、その後ウィキリークスのジュリアン・アサンジュの顧問弁護士がロンドンで変死を遂げている。もちろん他殺の可能性がある。アサンジュはクリントンをさらに追い詰めるべくさらなる情報の暴露を予告しているが、その彼を 「こいつ、ドローンで殺せないかしら」 とクリントンがある会議の席で言ったと伝えられている。この女が言うと、ぜんぜん冗談にならないのである。


 


 


 


 


 


 


 


金と権力にとりつかれたこの夫婦 が、自分たちでは直接手は汚さずに、クリントン財団で溜め込んだ膨大な財源を利用して、口の堅いプロ中のプロの殺し屋を使ってきていることは誰にでも想像できる。今年に入ってもすでに10人近くが、こうして消されている。しかし、はっきりとした証拠でもって、クリントン夫婦を逮捕し、起訴することは難しいし、かりにそうした証拠があっても、Larry Nichols が増えるだけで、警察も FBI も動かず、クリントン夫婦はいつまでもトボケていられるのだ。



 


 


 大統領選挙戦ラリーにおける両候補の会場の様子


 


 クリントン候補の動員力


 



トランプ候補の動員力


 


 大統領選を戦いながらも、こうした自分たちに不都合な状況において、彼ら夫婦が最もアンフェアなことを画策する可能性はゼロであるという保証はどこにもない。最もアンフェアなこと” とは対抗馬の “暗殺” である。


 クリントン候補は、すでにこのブログの 「ヒラリー・クリントン シリーズ」 であばいてきたように、ありとあらゆる卑劣でアンフェアなことを臆面もなくしてきている人間である。バレなければいい、もしバレそうになったら金を使ってもみ消せばいい、と思っている人間である。実際FBIの幹部の妻の口座にに日本円で 4,900万円が振り込まれたことが WikiLeaks によって暴かれている。


自分たちは警察やFBI の手の届かない特権階級であるという意識を、大統領就任以来ずっと持ってきている異常な神経の持ち主である。裏の世界には事故死や自殺や病死に見せかけるのを売りにしているハイエンドな殺し屋 も存在する。腕の立つ殺し屋を雇って上手に抹殺するくらいの金はいくらでもあり、現に実行してきているのだ。


告白しているLarry Nichols はクリントンが使った殺し屋の一人に過ぎず、彼がクリントン夫婦の元を離れてもクリントン夫婦はいくらでも別の殺し屋を使ってきていると思われる。おそらく実際にクリントン夫婦がそうした複数のプロに殺させた人間の数は今日までで軽く40人は超えると推定される。そして、Larry Nichols はそのうちの初期の半数以上の殺人を現に今でも認めているのである。


クリントン夫婦は金で出来ることならば、何でもやってきた人間である。自分たちに不都合な人間を殺すことを当然のこととしてきた夫婦である。動機と財力は十分にある。そして今まで同様にシラを切ってトボケきる冷血な神経も十分に持ち合わせているように思える。


 


繰り返そう。クリントン夫婦は自分たちに不都合な人間を数多く殺してきている。


今後、トランプ氏の身の上に何が起きても不思議はないと言える。


トランプ氏は「当選したら、ヒラリー・クリントンを刑務所送りにする」 と公約してきた。そうならないためにもクリントンはトランプを抹殺したいはずだ (追記:2016.11.11:)



 


 


 


 


 


 


トランプ大統領(1) 「反トランプ暴動」 の仕掛け人は? 


ヒラリー・クリントン(1)  すでに “替え玉” か? 


ヒラリー・クリントン(2) やはり “死亡” か?


ヒラリー・クリントン(3) “回復劇” の真相は? 


ヒラリー・クリントン(4) スピーチ映像は合成?


ヒラリー・クリントン(5) そもそも “替え玉” は違法か?


ヒラリー・クリントン(6) 討論でも ”ズル” ?


ヒラリー・クリントン(7) 第2回討論の勝敗は?


ヒラリー・クリントン(8) 子役に “サクラ” ?


ヒラリー・クリントン(9) トランプ暗殺計画?


ヒラリー・クリントン(10) ヒラリーを監獄に?


ヒラリー・クリントン(11) 電子投票をハッキング?


ヒラリー・クリントン(12) 最終討論の結果は?


ヒラリー・クリントン(13) 国外逃亡計画?


ヒラリー・クリントン(14) 偽ヒラリーを立証:反論不可能な証拠:全米国民必見の動画!  


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

オズワルドが殺され、ジャック•ルビーが殺され、その他事件関係者の多くが殺されたJFK暗殺事件に匹敵するか、あるいはそれ以上かもしれません。過去の記事も読ませて頂きます。

なぜヒラリー

学問道場から来ました。ザウルスさんのブログは真実だと思います、まだマスコミや新聞は投票数はヒラリーが多かったとか言っています、テレビも暴動の報道しかしないし、自分たちの間違いを正直に認めないんでしょうね。
しかしヒラリーはもう献金する人も居なくなるので、なぜ早く掴まらないんでしょうか?日本の報道程ひどいのは無いですね、信じられるのは自分だけですよ。
後もう一つ気になるのがあるのですが、韓国の朴槿恵大統領も誰かにはめられたのでしょうね、何か裏がありそうで、気になるところです。

トランプに弾丸

トランプに弾丸とは物騒 http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/baikin_1.gif">

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。