記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTube 「現タイ国王はニセ者!(1)世界は10年騙された!」


<この記事は2015年4月14日にアップロードしたYouTube動画の紹介記事である>


 現タイ国王はニセ者!(1)


 



 左が10年前に死んだ本物、右が先日死んだニセモノ。


これが同一人物だと言うほうがどうかしている。あなたはどう思うか?


しかし、タイ国民は騙されてきたのである。


                                                                                                                                                             



 


そして、タイが大好きな一部の日本人も騙されているのだ。このビデオを見ても同一人物だと言い張るのである。タイ政府の個人崇拝プロパガンダによって染脳されると、まともな判断もできなくなってしまう好例である。


                                                               本物           ニセモノ  


 


ウルスが数か月に及ぶリサーチと検証の成果を、英語、タイ語、日本語の3カ国語でそれぞれアップロード!


現存国王で在位世界最長は大ウソだった!


今世紀最大級のペテンを徹底的に暴く!国際メディアも軒並み騙された!ギネスブックも騙された!オバマ大統領も、シラク大統領も、エリザベス女王も、日本の天皇も騙された!


 



 英語版、タイ語版も作ってある。海外の人たちにもぜひ紹介して頂きたい。
英語版: https://youtu.be/zBhwWxMmbww
タイ語版: https://youtu.be/5BbMWGqFGOA


Zak Zaurus
==========================
English


https://youtu.be/zBhwWxMmbww


Fake King in Thailand (1): That is not Bhumibol! Wake up, Thai people!


Somebody has to say, "The king has donkey ears!"
Where's true king? Is he alive or ... ?


-------------------------------------


Thai


https://youtu.be/5BbMWGqFGOA


???????????? : ?????????????????????????!: ???????????????!
(Fake King (1): That’s not Bhumibol: Wake up, Thai people!)
English comments are geatly welcomed.


-------------------------------------
日本語


https://youtu.be/A5r_qk-VO-U


現タイ国王はニセ者!(1) 動かぬ証拠: 世界は10年騙された


一般のタイ国民の神経を逆なでするような内容だが、真実は真実である。良識あるタイ人は受け入れている。


 



 


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

またまた、すごい!

すごいです、すごいです!
もっとたくさんの方が、このblogを見てほしい!
でも、何のためなんだろう?世界では 入れ替わる主要人物の話しは たくさんあるんですね。

タイ語もお出来になるのですか?

おそれいりました(*^^*)

高評価ありがとうございます。
タイの国王は国民にカリスマ的な人気があって、もしすでに死んでいることがわかったらタイという国が要(かなめ)を失って王朝が崩壊するのが必至なのです。だから、ニセモノにすり替えて延命を図っているのです。もう10年以上国民と世界を騙してきていることになります。

Unknown

チェンマイ在住です。タイには不敬罪があるので、懲役覚悟で(?)投稿します。たまげました。でも、例え気付いているタイ人がいたとしても、公には言えません。現在タイの最高実力者は枢密院前議長プレム氏(96歳)で、先日摂政に就任しました。でも、国王の権威は限りがありません。ザウルスさん、タイには旅行なさらないよう、ご忠告申し上げます(???)

↑チェンマイ在住さんへ

御忠告ありがとうございます。
タイの秘密警察はすでにこのわたしを突き止めているはずです。彼らはいくらでもCIAの協力が得られる立場にあります。このブログも監視しているはずです。わたしの生活パターンも把握しているはずです。もしわたしがタイに行くならば、空港で手ぐすね引いて待ちかまえていることでしょう。

さて、今回 “国王” が崩御したことになっていますが、わたしはこれも疑っています。話がややこしくなって恐縮ですが、あのニセモノは実はまだ生きていて、単に死んだことにして発表しているのではないかと考えています。いずれにしてもいつかは死ぬことになるのですが、出来るだけ長く引っ張っていきたいと当初は考えていたのが、計画を変更して今年にしたのだと思います。
理由として、枢密院前議長プレム氏の年齢があります。96歳ということは、いつまでもあてにできないわけです。もう一つの理由は、在位70周年という記録をうち立てた年であることです(厚かましくもギネスブックに申請済みです)。
どうせすでに10年前に死んでいるわけですから、もうそろそろいいだろう、とすべて準備したうえで踏み切ったと思われます。

Unknown

まだまだ申し上げたい事もございますが、何せタイ国内に身を置いております。「マジで」不敬罪が怖い(その前に住民の集団リンチにあう???)ので、また別の話題でお邪魔させて頂きます。(バンコク近郊のチョンブリーでネットに書き込みをした少年への暴行事件が発生しました)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。