記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目黒バラバラ事件 part 4: “池の下見” をしていた様子の目撃証言 第2弾


池田徳信と思われる男が犯行の2日前に、池の下見をしていたという目撃証言はすでに part 3 で紹介したが、その書き込みの投稿主が再度書き込みをしている。


赤の強調 は引用者


---------------------------------------------------------------


 これを書いた本人です
仕事が終わってニュース見たら逮捕されたと報じられてて、2ちゃんを見たら
自分が以前に書いたレスが貼られまくってて驚いた


 このレスは
【社会】池のカメが「バラバラ遺体」くわえていた 東京・目黒の公園で発見
★2©2ch.net
http:daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466724740/
というスレで書いたものだけど、ここには同じように


  


494 名前:名無しさん@1周年[sage]投稿日:2016/06/24(金)
21:05:40.49 ID:kqy2mlF40[4/5]
>>488 >>489
レスありがとう、碑文谷公園は隣に碑文谷体育館があったり、小学校も点在し
てたり、公園のすぐそばに子供が足繁く訪れる駄菓子屋があったりするから、
防犯カメラだらけのはずで
警察はすでにカメラの映像は解析してると思うから、私の推測通りだとすれば、
犯人はすぐに割れるはず


 



私が 最も最近、その男の人を目撃したのは、約1週間前の先週土曜日の18日、
午後1時半ぐらいで
日差しが強かったせいか、晴れた土曜には珍しく、ボートにはその男の人以外
には誰も乗っていなかったし
公園内はいつもより人影はまばらだった
だからなのか、その人はより丹念に池の中を凝視してる感じに見えた


  



というのも書いていたんだけど、いずれにせよ、この書き込みは全部事実


  


警察に情報を提供した方がいい、という反応もあったんだけど、その後の
経過で被害者の女性は19日夜までは存命で、殺害されたのはその後、と
報道されていたので、
だとすると、私が碑文谷公園でボートの男性を見かけたときには、まだ被害者
は殺害されておらず、
弁天池にもバラバラ遺体は遺棄されていない、ということになるので、やはり
気のせい、勘違いか、と思って、けっきょく、情報提供等は特にしませんでした


 ただ、逮捕された容疑者の特徴が、私が目撃したボートの男性と共通してる部分
がいくつかあったので、
やはり警察には情報提供すべきだったかもしれません
ちなみに、他スレで容疑者の小学生の時の卒アルの写真が貼られていましたが、
面影は似ているような気がしますが確証は持てません
ただ、顔や体型等は、今もわりとはっきりと覚えているので、容疑を認めたと
いうことなら、今後、近影等が
報道されるかもしれないので、それを見れば、ボートの男性が容疑者と一致するか、
確定判断できると思います


 とりあえず、お気に入りの憩いのスポットだった碑文谷公園におかしなイメージ
がついてしまって悲しいです
本当にいい公園なんだよ...


 被害者のご冥福をお祈りします


 http://www.l145production.com/188.html


  ---------------------------------------------------------------


 


奇妙なことに、この投稿主は、


私が碑文谷公園でボートの男性を見かけたときには、まだ被害者
は殺害されておらず、
弁天池にもバラバラ遺体は遺棄されていない、ということになるので、やはり
気のせい、勘違いか、と思って、けっきょく、情報提供等は特にしませんでした」 


と言っている。つまり、“殺害後ではないから、犯人とは無関係かもしれない” という、なんとも奇妙な理屈で考えているのだ。バラバラ遺体の遺棄場所となる予定の池を池田容疑者が“下見” をしていたというふうには思っていないようなのだ。この投稿主は自分の目撃証言が持つ最も重要な意味を理解していないフシがある。目撃証言ではそういうことがよくあるものだ。目撃者が自分の目撃情報の意味、価値、重要性をいちばんわかっているとはかぎらないのだ。


いずれにしても、この目撃証言第2弾は第一弾と非常に整合性があり、ただでさえ疑いようのない第一弾の信ぴょう性を一層強化していることは否定しがたい。


 


「私が 最も最近、その男の人を目撃したのは、約1週間前の先週土曜日の18日、
午後1時半ぐらいで 」


この目撃証言によると、池田容疑者が自分の周到な計画にしたがい、遺棄場所として予定していた池を事前にボートに乗って丹念に下見していたことは明白である。しかも、池田容疑者が下見のためにボートに乗っているのが目撃されていたのは1度ではないのだ。「最も最近」 とは、とうぜん 「複数回あったうちの」 ということである。


 


この観点から、この投稿主の目撃証言第一弾の書き込みを、あらためてもう一度見直してみよう。


 ---------------------------------------------------------------


 469 :名無しさん@1周年:2016/06/24(金) 20:20:32.64 ID:kqy2mlF40
碑文谷公園の近所に住んでて、しょっちゅう公園に入る人で知ってる人いないかな… 


自分も近隣に住んでて、お気に入りの公園だったから晴れた土日はだいたい、池のほとりのベンチで
のんびりくつろぐことが多かったんだけど、ここ最近、同じ男の人が、一人でボート乗ってるのを
たびたび 目撃するようになった
年齢は20代後半ぐらい、中肉中背、若干秋葉系オタク寄りの風貌で、いつも黒Tシャツに黒デニム、
黒いリュックみたいな全身黒っぽい格好してる
で、男一人でボートに乗って、ゆっくり漕ぎながら、池の中を凝視して何かを観察してる感じだった
最初は公園の管理スタッフとかかなと思ってたんだけど、ボート担当の係員のオッサンと
顔見知りっぽい感じでもないし、ボートから降りるとすぐにスタスタと足早に公園から立ち去ってしまうので、
ああ、ほんとに男一人でボートに乗りにきてるだけなんだ、珍しいなぁと思ってた
先週の土曜日(6月18日、つまり犯行の2日前:引用者) に公園に行ったときも やっぱり その男の人が一人でボート乗りにきてて、池の中を丹念に凝視しながらゆっくりボート漕いでて、この人、池の中に何か落し物でもして探すためにボート漕いでるのかな、だったら公園管理者とかに相談した方が早いのに、とか考えてた


この男の人、他にも目撃した人いませんかね?
今考えると、なんかちょっとゾッとするんだけど…まあ気のせい、勘違いだとは思うけど


http://hissi.org/read.php/newsplus/20160624/a3F5Mm1sRjQw.html


---------------------------------------------------------------



赤く強調したように、池田徳信容疑者は、繰り返し碑文谷公園を訪れてはボートに乗って、丹念に下見をしていたことがわかる。「たびたび」ということは、少なくとも3回以上と理解していいだろう。そして、この目撃者が必ずしも毎日公園の池を監視していたわけではあるまいから、目撃者がいないときにも池田徳信容疑者が下見に来ていた可能性もある。


そして、その少なくとも数週間のあいだの複数回の目撃のいちばん最後が、先週の土曜日(6月18日、つまり犯行の2日前:引用者) 」 だったのである。


 


池の下見の目的


さて、これだけの周到な下見はそもそも何のための下見だったのか?


もちろん遺体の遺棄のためである。カメやアメンボの観察ではなかろう。わたしは池田容疑者は重りを付けたテグス をボートから垂らして水深を測っていたのではなかろうかと想像する。いちばん深そうなところに目星をつけるために、彼は池の数か所でそれをしていたはずである。肉眼で見ただけで深さがわかるほど弁天池の水は澄んではいないことをわたしはよく知っている。


そもそも池に遺棄するのは、遺体を発見されないためではなかろうか。発見されないためには、なるべく深い場所が望ましいはずである。水深はいくら目を凝らしても肉眼では確認できない。何度もボートに乗りに来るほどなら、何回かは重りを垂らしていたにちがいない。いや、むしろいちばん遺棄するのにいちばんいいはずのいちばん深いところを突き止めるためにこそ足繁くやって来たのではなかろうか。漫然とボートを漕いでも彼にとっては意味はなかろう。


水深を測るのに重りを付けたテグスを垂らすという方法以外としては、白い小石をポチョン と落としてどこまで見えるかというおおざっぱな方法が使われたかもしれない。もちろん両方を段階的に使ったことも考えられる。こうした行動は人目を避けてこっそりなされていたであろう。目撃者がいたと思われる岸辺のベンチからもわからなかったかもしれない。


 


 


目黒バラバラ事件 part 1:警察の情報操作、池田徳信の写真


目黒バラバラ事件 part 2: 池田徳信の心理、動機の解明


目黒バラバラ事件 part 3 : 弁天池下見説 と 2回侵入の計画性


目黒バラバラ事件 part 4: “池の下見” をしていた様子の目撃証言 第2弾


目黒バラバラ事件 part 5: 犯行の動機、目的は?


目黒バラバラ事件 part 6: 池田容疑者、快楽殺人の公算が大


 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。