記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目黒バラバラ事件 part 5:犯行の動機、目的は?


目黒バラバラ事件 part 5:  犯行の動機、目的は?


“バラバラ目的、快楽殺人目的” を必死に隠蔽しようとしている?


 


--------------------------------------------------------------


池田容疑者は、「盗み目的」 ということを強調しようとしているフシがある。つまり、本当の目的は別にあることを隠そうとしている可能性がある。


 


朝日新聞 2016年7月12日04時05分


 


容疑者「盗みに入ったのは初めて」 目黒・切断遺体事件
 
東京都目黒区の公園の池で女性の切断された遺体が見つかった事件で、無職池田徳信(やすのぶ)容疑者(28)=世田谷区野沢3丁目、死体遺棄容疑で逮捕=が警視庁の調べに、「盗み目的で他人の家に入ったのは初めてだった」 との趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、侵入に気付かれ、動転して殺害したとみて調べる。


 


--------------------------------------------------------------


「盗み目的」で侵入しながらも、結果的には何も取らなかった、ということにはたしかに矛盾はない。


 


TBS News-i    2016/7/12 12:36
目黒切断遺体、包丁やバッグなど別々の日に捨てる


 


 
東京・目黒区の公園の池で切断された女性の遺体が見つかった事件で、逮捕された男が犯行に使用したとみられる包丁やバッグ、靴を別々の日に捨てていたことがわかりました。


 


 この事件は、世田谷区の無職・池田徳信容疑者(28)が近くのマンションに住む阿部祝子さん(88)の切断された遺体を公園の池に捨てたとして逮捕されたものです。


 


 その後の取材で、池田容疑者が遺体の切断に使用した包丁や遺体を運んだスポーツバッグ、侵入した際に履いていたとみられる靴を別々の日に捨てていたことがわかりました。警視庁は、慎重に証拠の隠滅を図ったとみています。


 


 また、その後の取り調べに対し、池田容疑者が 「部屋からは何も取っていない」 と供述していることがわかりました。阿部さんの財布と部屋の引き出しには現金およそ20万円が残っていたということで、警視庁が犯行の動機についても詳しく調べています。12日11:34)


--------------------------------------------------------------


  この記事はかなり掘り下げた内容である。“バラバラ目的” で侵入した可能性に言及している。


公開日:2016年7月12日08時02分
日刊時事ニュース


碑文谷公園バラバラ殺人事件で逮捕の池田徳信、遺体切断が目的か-不可解な動機



池田徳信を逮捕、目黒区の阿部祝子さん碑文谷公園バラバラ殺人死体遺棄事件


東京都目黒区の碑文谷公園の池で、世田谷区の 88 歳・阿部祝子さんの遺体が切断された遺体が次々と発見された事件で、逮捕された池田徳信容疑者は容疑を認めているが、切断した理由については今のところ核心を突いた供述は得られていない。


金銭目的の窃盗の為、阿部祝子さんの自宅に侵入したと供述しているが、依然、供述には不透明な点が多く、事件の真相解明が待たれる。


この事件は、先月 23 日、目黒区の碑文谷公園の弁天池で世田谷区野沢の阿部祝子さんの遺体の一部が発見された。その後、切断されたばらばらに遺体が次々と発見され、警視庁が死体遺棄事件として捜査本部を設置したもの。


警視庁は 9 日、死体遺棄の容疑で世田谷区の無職・池田徳信容疑者を逮捕した。当初、容疑を否認していた池田徳信容疑者だが、9 日夜になって容疑を認める供述を始めた。


これまでに、阿部祝子さんのマンションにスポーツバッグを持った池田徳信容疑者の姿が映っていたほか、遺棄現場の碑文谷公園の弁天池付近の防犯カメラにも池田徳信容疑者の姿が映っていた。スポーツバッグにはバラバラに切断した阿部祝子さんの遺体が入っていたとみられる。


阿部祝子さんの自宅の浴室からは微量の血液反応やわずかな組織片が発見されており、さらに部屋からは池田徳信容疑者の足跡が残されていた。


池田徳信容疑者は警視庁の調べに対し 「 金銭目的で部屋に侵入した 」と供述しており、さらに「 寝ていた阿部さんを起こそうとしたら騒がれそうになったのでとっさに手で首を絞めて殺した 」 などと供述している。


なぜ寝ていた阿部さんをわざわざ起こそうとしたのかなど、詳しい動機はわかっていない。


池田徳信容疑者は阿部祝子さんを殺害後、浴室で遺体をバラバラに切断したとみられるが、金銭目的で侵入し、寝ていた阿部祝子さんをわざわざ起こしたという供述は明らかに不可解で詳しい状況は不明。


また、阿部祝子さんがタンス預金してたとみられる数十万円はなくなっていたとの一部報道があるものの、携帯電話や現金の入った財布には手が付けられていなかった。


金銭目的で侵入し、殺害するといったケースは強盗殺人事件でみられるケースだが、池田徳信容疑者が阿部祝子さんを殺害したあとに遺体をバラバラに切断するという行動はレアなケース。


池田徳信容疑者が突発的に阿部祝子さんを殺害した可能性が高いとみられるが、その後に遺体を切断するといった行為は、かなり不可解といえる。


窃盗目的で侵入し、殺害という強盗殺人から遺体の切断という行為は飛躍しすぎており、池田徳信容疑者が真実の供述をしていないとも考えられる。池田徳信容疑者は最初から遺体をバラバラにする目的で侵入した可能性も否定できない。


池田徳信容疑者は阿部祝子さんを殺害後、いったん自宅に戻り、スポーツバッグやリュックサックを持ち、再度、阿部祝子さんの部屋に戻っている。これは池田徳信容疑者がバラバラに切断した遺体を遺棄する為とみられる。


しかし、池田徳信容疑者は証拠隠滅を図るためスポーツバッグやリュックサックを急遽購入した可能性もあり、警視庁が詳しい事情を当時の状況、犯行に至った詳しい経緯や動機などについて詳しく調べる方針。


--------------------------------------------------------------


再逮捕


さて、8月2日になって、警視庁は池田容疑者を “再逮捕” している。


 


--------------------------------------------------------------


 


興味深い点は、「黙秘します」 である。連日の取り調べを通じて辻褄の合わないところがいろいろ出てきたので、核心に触れられることを恐れている様子がうかがえる。


 



2016年8月2日13時17分
朝日新聞


 


強盗殺人容疑で再逮捕 容疑者「黙秘する」 目黒・遺棄


 


 東京都目黒区の碑文谷公園の池で6月、世田谷区の無職阿部祝子(ときこ)さん(当時88)の切断された遺体が見つかった事件で、警視庁は2日、同区野沢3丁目の無職池田徳信(やすのぶ)容疑者(28)=死体遺棄罪で起訴=を強盗殺人容疑などで再逮捕し、発表した。「黙秘します」と話しているという。


 


 捜査1課によると、池田容疑者は6月20日未明ごろ、マンション3階の阿部さん宅にベランダから侵入し、室内にいた阿部さんを殺害。現金数十万円を奪った疑いがある。室内には財布などに現金約20万円が残っていたが、同課は、池田容疑者が持ち去った現金はそれと別に保管されていたものとみている。容疑者の銀行口座には事件後、持ち去ったとみられる金額の入金が確認されたという。


盗んだ金を自分の銀行口座に入金する、ということに不自然さはないか?これは池田容疑者が、自分が逮捕されることも考えて逮捕前に必死にした“偽装工作”である可能性も排除できない。つまり、それほどまでに“本当の目的”を隠したかった可能性もある。


 


 同課の説明では、池田容疑者は殺害後にいったん阿部さん宅を離れ、再びベランダから侵入。遺体を風呂場で切断し、バッグに入れて約600メートル離れた公園の池に運んで捨てたという。


 


 遺体は6月23日午前に見つかり、警視庁は防犯カメラの映像などから7月9日に池田容疑者を逮捕。当初の調べに「金の保管場所を聞くために阿部さんを起こした。起きて騒がれそうになったので首を絞めて殺した」などと話したという。


 


 --------------------------------------------------------------


 


本人の言う “殺害の動機” も依然として不自然である。


ふつうに考えて、ただの 「金銭目的」 だったら、「黙秘」 する必要はないだろう。話は簡単なはずだ。「黙秘します」 とは、「言いたくないことは言わなくていい」 という権利の行使である。つまり、「言いたくないこと」 がまだあるということである。


はっきり言おう。


“バラバラ目的、快楽殺人目的” を必死に隠蔽しようとしている、とみていいだろう。おそらく警察も最後は池田容疑者のこの本当の目的を、容疑者と一緒に “隠蔽” する可能性がある。世間に対しては、最後は 「金銭目的」 ということで幕引きにしようとするだろう。


 


目黒バラバラ事件 part 1:警察の情報操作、池田徳信の写真


目黒バラバラ事件 part 2: 池田徳信の心理、動機の解明


目黒バラバラ事件 part 3 : 弁天池下見説 と 2回侵入の計画性


目黒バラバラ事件 part 4: “池の下見” をしていた様子の目撃証言 第2弾


目黒バラバラ事件 part 5: 犯行の動機、目的は?


目黒バラバラ事件 part 6: 池田容疑者、快楽殺人の公算が大


 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。