記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンバーガーになるために


ハンバーガーになるために



"Did you know Korean people kill dogs and eat them?"


"No way! How can they do such a cruel thnig? To kill and eat dogs!"



 


 


 


  



 



 


 



 



 


 



 


 



 


 



  



 


  


 



  


 



 


 



 


 


 



 


 



 


 





 


 


 



 


 


参考動画: https://www.youtube.com/watch?v=LCPNRsYij3o


        https://www.youtube.com/watch?v=GwBNJ3pPBwQ


        https://www.youtube.com/watch?v=SySqTQCdTvM


        https://www.youtube.com/watch?v=isj-IYeCbnI


        https://www.youtube.com/watch?v=adtjQDW9rVE 


 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

泣けました

ふだん意識しなかったことですけど、これが現実なんですね。最後の牛の親子の写真に胸がつまりました。この記事に感謝します。

↑ mika さんへ

正直言うと、この記事を作っていたわたし自身が、いい年をして涙が抑えられませんでした。家内に怪訝な顔をされました。
罪のない動物たちをこんな目に合わせなくてはならないものなのか、と何度も自問しました。

ザウルス さんへ。

とても悲しい事です。
人間様にいずれ近い将来、必ず、「沙汰」が下るでしょう。
常々、思う事があります。
それは、「知っていると知らないとでは、えらい違いがある」と。
殺されていく動物達には申し訳ない事ですが、悲しい画像、有難うございます。
日本人に生まれて良かったと、改めて思います。
今夜は、眠れないかも?です。

マクロビ さんへ

「知っていると知らないとでは、えらい違いがある」
おっしゃる通りだと思います。必ず何らかの行動の違いとして現れます。わたしはこの記事はぜひ子供に見せてほしいです。子供にも考えることができるはずです。日常にひそむ闇の存在を知ることで世界が広がるはずです。人間としての成長の糧になるはずです。

Unknown

この記事は食肉工場のような流れ作業で牛を屠殺して、その現場のことをなにも知らずに、それを食べている消費者を非難しているのでしょうか?
それとも、肉を食べることが非道徳的だと伝えたいのでしょうか?
それとも、そのどちらでもなく別の意図があるのでしょうか?

僕はある屠殺場の見学に行ったことがあります。そこでは牛を育てた人や牛を屠殺する人々には思いがあると感じました。牛が豊かに育つように環境を整え、殺めるときは迅速に処理する。誇りを持ったプロフェッショナルな人達でした。

ザウルスさんはこれについてどのような意見をお持ちですか?

↑Tsuten さんへ

屠殺場の見学に行ったとあなたがおっしゃるので、おたずねします。屠殺場で、実際に牛が殺されるところを見たのですか?
まず、そこをはっきりさせてください。

ザウルスさんへ

僕が見学させてもらえたのは屠殺場に入る直前に外で待機している牛たちと、殺され、下顎を削がれた後、ベルトコンベアに吊るされた牛です。

画像にもあるように、まずはガンで頭蓋に穴を空け牛を側頭させ、その後首を切り血抜きをしていたようですが、その工程だけは牛の視界に僕たちが入らないよう仕切りをされていて見られませんでした。なるべく牛にストレスを与えないように、外で待機している牛たちに近づかないことも注意されました。

ベルトコンベアに吊るされた後の、四肢を落とす作業から、皮を剥ぎ、内臓を抜き、切り身にしていく工程は全て見学できました。
通常内臓は産業廃棄物として処理されるようですが、そこでは地元の方が内臓を引き取りドッグフードに加工していると言っていました。

見学後、地元の屠殺場の牛肉を扱っているハンバーガーショップでハンバーガーを注文して食べました。

僕が参加した見学では牛を放牧して、牧草と飼料を与えて飼育している所から、処理・加工(屠殺)、加工・販売(ハンバーガーショップ)と、一連の流れをみることができました。

じゃ、見ていないんですね

それじゃ、見ていないんですね、いちばん肝心なところを。“屠殺” を見ていなくて 屠殺場の見学をしたことになりますか?
そんなものをはただの肉屋さんの見学と変りません。
屠殺を見ても見ていなくても、それは “見学” という名目の組織的染脳です。屠殺業に従事する多くの被差別マイノリティーの人々の権利回復、名誉回復と抱き合わせにした “肉食賛美” の染脳です。そういう地域では同和教育の一環に位置付けられています。

差別しちゃいけない → 肉食は必要 というこじつけの図式です。

今日の最新の栄養学では肉食は人間の食事に必要なものではなくむしろ、有害であることが明らかになっています。

戦後の栄養学では肉をアメリカからたくさん買うようにアメリカから押しつけられた栄養学でしたので、動物性たんぱく質の他にも乳製品(牛乳、バター、チーズ)、炭水化物(パン)などが “必要” というふうに日本人は長年 “染脳” されてきたのです。

そして、さんざん言われてきました、「バランス良くたべましょう!」 と。つまり、アメリカが上乗せしたものも全部食べろ、と。

牛肉などは、必要なものではなく、せいぜい “嗜好品” です。“タバコ” と変わらないのです。

そもそも、殺しておいて 「牛さん、ありがとう」 というのは偽善ではないですか。あとで「ありがとう」 と言えば、何でも誰でも殺せるのですか?
「ハンバーガーになるために」 の最後の動画を見ましたか?

偽善者は貴方だ。

”じゃあみていないんですね?”
そう言うあなたは見たのですか?動画ではなく、
屠殺される現場を目の前で見たのですか?
この記事を作っていて泣いたとの事ですが、
それは貴方がこのような惨状を記事作成以前には知らなかったと言うことでは無いのですか?
にもかかわらず、
Tsutenさんがこのような見学の際に屠殺のその瞬間を
見たか見てないかを見識の有る無しの
線引きにしていますよね?
だとしたら、あなた自身が屠殺処理の現場を
目の当たりにしていない場合、この問題に関して何らかの意見を表明する立場には無いのでは?
既に有るのだとしたら、上述の文と矛盾は無いのですか?説明を求めます。

”あとで「ありがとう」 と言えば、何でも誰でも殺せるのですか?”これはどういう事ですか?
問題提起の為とは言え、無茶くちゃな問いかけですね。

「何でも」は希少種を含めたあらゆる動植物を指しているのですよね?「誰でも」は当然人間と言うわけだ。

そんな訳無いのはあなたは知っているだろうに、諸々の利権団体の嘘に染脳(出た造語だ)され、自分で考えもしない食肉肯定派は感謝のような偽善的行為さえすれば、そんな事すら許されると貴方は考える訳だ。

つまり肉食肯定派は偽善的な愚か者と
決め付けているわけですね。
世間ではレッテル貼りと言う行為です。
それは貴方が思考停止に陥ってる証拠です。

↑“レッテル貼り”はあなたですよ

「屠殺場を見学した」というひとに、「屠殺の現場を見たのですか?」と尋ねることに何か問題がありますか?そして、「それじゃ、見ていないんですね」と確認することに何か問題がありますか?

「あなた自身が屠殺処理の現場を目の当たりにしていない場合、この問題に関して何らかの意見を表明する立場には無いのでは?」    とのことですが、

もし本気でそう思っているのなら、殺人という行為を実際に目撃したことがない人間は、殺人事件について論ずる資格が無い、ということになりますね。

「”あとで「ありがとう」 と言えば、何でも誰でも殺せるのですか?”これはどういう事ですか?問題提起の為とは言え、無茶くちゃな問いかけですね。」  とのことですが、

全然「無茶くちゃな質問」ではありません。
「見学後、地元の屠殺場の牛肉を扱っているハンバーガーショップでハンバーガーを注文して食べました。・・・僕が参加した見学では牛を放牧して、牧草と飼料を与えて飼育している所から、処理・加工(屠殺)、加工・販売(ハンバーガーショップ)と、一連の流れをみることができました。」 といったこのような“教育的”な屠殺場見学では必ず「牛さん、豚さん、ありがとう!」となるのです。そうして、子どもたちは良心の呵責なくハンバーガーを食べることができるというしくみなのです。わたしは 相手に“感謝”しさえすれば、相手に何をしてもよいとは思わないだけです。

「つまり肉食肯定派は偽善的な愚か者と決め付けているわけですね。世間ではレッテル貼りと言う行為です。それは貴方が思考停止に陥ってる証拠です。」   とのことですが、

“肉食肯定派” だの、“偽善的な愚か者” というのはあなた自身による “レッテル貼り” ではありませんか? わたしのほうはどこにも “レッテル貼り” はしていません。“レッテル貼り” をしているのは実際はあなたのほうですよ。そもそも 「“偽善者”は貴方だ。」 という投稿タイトルじたい、誰が見ても立派な “レッテル貼り” ではありませんか?

Unknown

Tsutenさんが何歳でこの屠殺場を見学したのかは分かりませんが、小中学校の子供がラインの入り口で生きている牛が出口では死んでいる、との光景にショックを受けないとでも思っているのですか?しかも、見なかったのはTsutenさん意思でも無いのにです。
”ただの肉屋の見学”
と貴方は言いますが、子供にこそ、
その現場を詳らかに見せるべきだと言う訳ですね?
いい歳をした男が思わず涙する惨状をですよ?
それは児童虐待というものです。

動物の権利には敏感なザウルスさんは児童の権利には無頓着なようです。そこに明らかなダブルスタンダードと偽善性を感じざるを得ない。
牛は死んでいるのに、子供は死なない所か安全に帰宅しているじゃないかと、言うような事を言いそうですが、

そういう貴方はの根本的な思想背景として動物に対する過剰な思い入れが有ります。梟カフェ問題でカフェでの梟の扱いを拉致被害者と同じだと言い。ここでは屠殺を殺人に準えています。人間に対する問題と、動物に対する問題はどちらに優先順位があると思っているのですかね?グリーピースと全く同じ思考回路です。

そして「牛さん、豚さん、ありがとう!」として良心の呵責を感じる事が無くなる、つまり大人の作った偽善の枠組み嵌め込む洗脳だ、と言うわけですよね。
それもまた自分で考えない愚か者になる。
と貴方は言っているのですよ?
私は貴方の言葉を要約しただけで、
そのような命に無関心な人々を「偽善的な愚か者」
だとまとめたのは、あなたの主張そのもです。

”「つまり肉食肯定派は偽善的な愚か者”
あなたは牛肉を食べる行為は嗜好品と同じだと言っています。にも関わらず積極的に肉を食べる行為をアメリカに染脳された”あなたの言い方を借りれば自ら考えない人々=無脳層”だと言う事ですよね?それはつまり、愚か者と言い換えることに貴方の論理に従えばなるのでは無いのですか?
それがあなたによるレッテル貼りです。

とは言え私も牛などの畜獣は適切に苦しみ無く殺されるべきだし、梟カフェも動物愛護精神に基づいて運営されるべきだと考えます。
貴方はそれらにも反対のようですけどね。
その背景にあなたは畜産・乳牛問題には欧米資本の陰謀を見。梟カフェには日本人の弱者に対する無関心と言う性質を過剰に感じるようだ。それもまたレッテル貼りとしかいえません。

冷静に考えて下さい、A.Mさん

「“偽善者”は貴方だ。」という投稿タイトルは立派な “レッテル貼り” ではありませんか? 」 というわたしからの質問に答えていませんね。図星だからですか?誰が見ても明らかな、わたしに対する “レッテル貼り” を棚に上げて、わたしの他の記事にも手当たりしだいに “レッテル貼り” という “レッテル” を貼ってはヒステリックに断罪しています。まるで “レッテル貼り” という“強迫観念”に取り憑かれているようです。


「あなた自身が屠殺処理の現場を目の当たりにしていない場合、この問題に関して何らかの意見を表明する立場には無いのでは?」 とのことですが、もし本気でそう思っているのなら、UFOを実際に目撃していない人間は、UFOについて論ずる資格が無い、ということになりますね(論理的には殺人でもUFOでも同じことです)。


「”ただの肉屋の見学”と貴方は言いますが、子供にこそ、その現場を詳らかに見せるべきだと言う訳ですね?いい歳をした男が思わず涙する惨状をですよ?それは児童虐待というものです。・・・ザウルスさんは児童の権利には無頓着なようです。」  とのことですが、あなたはわたしが一言も言ってもいないことを勝手に想定して、それをやり玉に挙げては独りで勝ち誇った気になっています。

前回もこうした病的な論理が見られます。「つまり肉食肯定派は偽善的な愚か者と決め付けているわけですね。→ 世間ではレッテル貼りと言う行為です。→ それは貴方が思考停止に陥ってる証拠です。」


わたしがふくろうカフェに反対するのは、動物愛護、自然保護という根拠だけではありません。猛禽類の飼育に起因する対人的事故、感染症といった潜在的リスクも考慮の上です。アメリカ全州で、ふくろうの飼育が法律で禁じられている理由も冷静に考えてみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。