記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わたしたちは“ふくろうカフェ”に反対します」 反ふくろうカフェポスター No.1


「わたしたちは“ふくろうカフェ”に反対します」 反ふくろうカフェポスター No.1


「猫カフェとふくろうカフェ、動物虐待か?」 の記事を書いてから2カ月ほどのあいだ、いろいろなコメントがあった。特に多いのが、ストレス発散目的でいろいろ愚にもつかないイチャモンをつけて面白がっている手合いである。冷笑的な誹謗中傷を書き込んでは日ごろの自分のウサを晴らしている実に品性の卑しいひとたちである。こちらも最初はていねいにご相手していたが、品位と良識を欠いたうっぷん晴らしの書き込みを容認していてコメント欄の雰囲気が悪くなるのは問題と考え、病的で悪質なものはふるいにかけることにした。良識ある人にはご理解いただけると確信している。


半面、わたしの問題提起を真摯に受け止めてくださる読者もちらほら出てきて心強いと同時に、言い出した当人として、問題提起だけで終わらせてはいけない気がしてきた。正直言うと、「問題提起して下さった投稿者を100%支持致します。」 とコメント欄で言って下さった方から啓発されたものである。この方は 「行動を起こす」 とまでおっしゃっていて、同じコメント投稿者の中でも、最初に挙げた “うさ晴らしのイチャモン派” の対極のケースである。同じコメント欄のコメントでも人間性の差は誰の目にも明らかである。これほどまでに人間としての品性の高貴さと卑しさの鮮やかなコントラストを目にすることは珍しい。この方はコメントの最後を短い文でこう締めくくっている。「小さな力が物事を動かします。」 と。


この最後の言葉に突き動かされたと言ってもいいかもしれない。


そしてまず作ったのが、以下のポスターである。見てのとおり、簡単なものである。わたしはこれを自分の町の動物病院、ペットショップ、動物好きの店主の店などの営業所に貼ってもらう計画である。ほとんど断られるであろうことは承知の上である。しかし、とにかくポスターは受け取って頂いて、掲示するかどうかは先方次第ということにして頂くつもりである。まずは自宅の塀に貼ることから始める。


(2016.03.16. 追記: けっきょく通行人がよく通る場所に立て看板を出すことにした。別記事 「反ふくろうカフェキャンペーン、一人でも始められる」 を参照されたい。)


ネットで検索すると、ふくろうカフェは今日本の津々浦々にまで広がり、“可愛い!” “癒される!” “なごむ!”の殺し文句でその誘惑の魔手を伸ばしている。たしかに “誘惑的” である。動物好きのひとの多くはとても無関心ではいられない。そして多くの善意の人々がからめとられている。もの言わぬ動物の基本的な自由を剥奪していながら、 「可愛がっているんだから、虐待なんかじゃない」 といった勝手な思い込みに浸っている人々が多い。もの言えぬ動物に代わって誰かが “声” を挙げる必要がある。


読者の皆さんにもこのポスターをダウンロードして同じように活用して頂ければありがたいと思っている。以下の4行にはあえて “動物虐待” ということばは使っていない。


 


わたしたちは “ふくろうカフェ” に反対です


“ふくろうカフェ” は


ペンギンを浴室で飼うのと同じです


犬や猫を歩かせないのと同じです


 


小学生にもわかる平易な文である。


これだけで完結していて、こちらはAバージョンである。このポスターにはBバージョンも用意した。Bバージョンは、このポスターの主張をもっと掘り下げているこのブログの記事への参照を可能にしている。小さな文字で以下の1行が入っているバージョンである。


 


ブログ: ザウルスでござる  記事: ふくろうカフェ、動物虐待?


 


A4サイズで、できれば、写真用か、スーパーファインの専用紙で印刷して頂けたらありがたい。以下の画像をクリックするとダウンロードページに飛ぶ。


 


Aバージョン



 


 


 


 Bバージョン


 


 


 


 ぜひダウンロードして、多くのひとびとに対する問題提起の材料にして頂ければ幸いである。また、これを参考にして、ぜひご自分でポスターを制作して掲示してみてはいかがであろうか。


 


 


 


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

今この記事に気が付きました!

凄い!
早速ポスター作られたんですね!
ダウンロードさせて頂きますねU+2757U+FE0F
脚を縛られて動けなくしている事とか入れるのもいいかもですね。
私も最初はフクロウは自分の意思でジッとしているのかと思っていましたから。
私も猫を飼っているのであの姿はいたたまれませんでした。
FBは実名投稿ですからそこだともっとまともな人たちの目に触れるチャンスもあるかもですね。
ポスター使わせて頂きます。m(._.)m
ありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。