記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完璧要求のトリック(詐術)をしかける人間


 


完璧要求のトリック(詐術)をしかける人間


 


 


 


画廊での会話


 


 個展を開いた日曜画家が、見に来た友人と話をしている。


  


* * * * * * * * * * * *


  


友人: この絵、風景画にしちゃ小さくないかな。もっと大きいキャンバスに描かないと風景画としてちょっと物足りないねえ。


  


画家: いやー、絵の道具一式と一緒に富士五湖まで持って行くのに、このサイズでも大変なんですよ。


  


友人: なるほどね。でも、帰って来てから大きいキャンバスに拡大して描けるんじゃない?そうやって描く人もいるでしょ?


 


画家: ま、できないことはないですけれど、キャンバスも大きいのはけっこう高いんですよ。


  


友人: いい作品を創りだそうと思ったら、やっぱり多少はお金はかかるんじゃないですか、何だって。


  


画家: ・・・ そうかもしれませんね。


  


友人: そうですよ。いくら趣味でも、中途半端なものじゃ意味が無いですよ。せっかく富士五湖まで行って描くんなら、やっぱりそれなりのものに仕上げなくっちゃもったいないですよ。


  


画家: 別にプロでもないんでね。


  


友人: プロじゃなくても、やっぱり何でもやる以上は、中途半端じゃダメですよ。いい加減なものじゃ意味が無いですよ。


 


画家: それほどまでの情熱や執念はないですから、私の場合・・・


  


友人: そんなことはないでしょう。富士五湖まで行くんだし・・・。


 


画家: 別に絵で食べているわけではありませんしね。


  


友人: 絵で食っているかどうかは、関係が無いでしょう。プロかアマチュアかは関係ないですよ!アマチュアだって、本当に精魂傾けた作品は心を打つと思いますよ。逆にプロだって、手を抜いていい加減な作品を描いているのはいくらでもいますしね。やっぱり、何だって“中途半端”じゃ、意味ないですよ。


 


 * * * * * * * * * * * *


  


この“友人”の論法を、“完璧要求のトリック” という。


   


● 相手の業績にイチャモンをつけ、高い要求水準を突き付けている。


 


● そしてその要求水準を満たさないかぎり、“中途半端” と断じている。


 


● 与えられた条件下で相手がどれだけのことをしたのかを考慮せず、理屈だけで “完璧”を要求している。


 


● 相手の業績に対して、相手の立場に立った正当な評価をしようとしない。


 


● 自分は何一つ作りださず、単に付け刃の “口だけ” で相手の業績を貶めている。


 


● そしてそれによって、何も作りだしていない自分のほうを優位に置いて、作りだした相手に上から目線で一方的に“説教”をしている。


 


● 作品とその画家は一方的に “ターゲット” にされ、手ぶらの門外漢の“友人” は言いたい放題の権利を行使している。


 


● 絵にかぎらず、苦労して何かを作り出す、“発信”する、という経験のほとんどない “友人” はいっぱしの批評家気どりで、“際限のない説教” をすることができる。


 


● そして、“説教” をしている人間は、常に相手を自分の“下”に見ているもので、説教をしているあいだはその“上下関係” に居座り、限りない“至福の優越感”に浸っているのである。


 


 


 


“業績”“作品”と言うと大げさかもしれないが、要するに自分の側からのアウトプットであり、“発信”である。プロ、アマを問わず、ピアノ演奏、会議での提案、ブログの記事、油絵、刺繍、料理、なんでもいい。自己表現である。自分からの“発信”である。


そうすると、そうしたひとの業績や作品や“発信物”をダシにして、“完璧要求のトリック” をしかける人間が近づいてくるのである。


  


 


“完璧要求のトリック” をしかける動機


 


 “完璧要求のトリック” は、けっきょくは “攻撃” である。


 “完璧要求のトリック” をしかける動機は主に3つあるが、3つはかなりオーバーラップしている。


  


1) 相手の業績を貶め、潰してやろうという攻撃的、破壊的な動機


 


2) 相手の業績をダシにして、説教をしながら優越感に浸ろうという動機


 


3) 業績を残した相手に対するコンプレックスを覆い隠し、自分のプライドを守るための “自己防衛的” 動機 


 


 


 根底にあるのは、何らかの業績を成したり、積極的に何かを生み出し、“発信” している人間に対する “コンプレックス” であり、そこからからくる “嫉妬心” である。


 


  


 


自分自身がいつも何か作品を生み出している人間は、安易に他人に対して“完璧要求のトリック”をしかけたりしないものである。苦労や努力がわかるからである。相手が完璧でないことを暴きたてて悦に入るような人間の心には人間としての “品性の卑しさ”がある。相手が完璧でないことを明らかにすることは誰にでもできることなのだ。自分が “発信” しておらず、何もターゲットにされないことをいいことに相手にだけ“完璧”を求める人間 は、自分の卑劣さに気づいていない。


 


 


 


圧倒的多数の受信生活者


 


実際、世の中では自分はこれといったものは“発信”せず、ふだんはほとんど受身の “受信”に終始している人間の方が圧倒的多数である。テレビでもネットでも一般大衆によるその利用は99%以上が、“受信”である。電車の中の無数のスマホ族のうち、自分のブログを更新しているような人間は、千人中一人もいないのだ。


 


他人が発信したものについてあれこれ言っているだけの人間がふつうの平均的な人間である。ふつうの人間の“発信”は周りの人間との“会話レベル” にとどまっているものだ。“自己表現”としては、あとはせいぜい “ファッション”や“カラオケ”程度のものである。高齢者になればなるほど受身になって“発信率”が極端に小さくなり、老人ホームの入居者たちは一日中テレビの前のソファで口を開けて座っていることになる。


 


では、若者が積極的に発信しているかというと、そうでもないのだ。電車の中で若者が夢中になっているのはゲームや漫画をはじめとして、しょせん“受信”に大きく傾いている。自分にとって有益、得になる情報、自分の好きな芸能人についての情報、そのほか自分が面白いと思う情報をむさぼる毎日なのである。つまり、高齢者は“受け身に” “受動的に” 受信している のだが、多くの若者は “能動的に” “積極的に” 受信している、という違いがあるだけだ。


 


  


発信することのリスク


 


自分で絵を描いて個展で発表したり、動画を作ってYouTube に投稿したり、自分のブログ記事を書いたりということをふだんしている “発信型” の人間 は、年齢にかかわらず実際は世の中の超少数派 である。 


彼らにとってはふつうのことであるが、実際、何かを“発信”するというのは、非常に“勇気”の要ることなのだ。他者からの評価、批評に身をさらすというのは簡単にできることではないのだ。発信内容によっては、笑われたり、突っ込みを入れられたりする。“責任”を問われることもある。批判や攻撃を受けて、それらにきちんと応えなければならないこともある。それだけのリスクが “発信”という行為にはつきまとうのだ。頼まれもしないのにわざわざリスクを負ったり、負担を背負いこんだりするのは、“表現欲”や“発信欲” のほうがそれらをはるかに上回っているごく一部の人間だけなのである。


 


  


 


“受信生活”の気楽さ


 


 そこへいくと、受信だけの生活は気楽なものである。“受信生活”には何の責任もリスクもないし、負担もない。受信はいつでもできるし、いつでもやめられる。“受信”だけでも楽しいし、けっこうためになる。知識も増え、賢くなった気にもなる。モノでも情報でも、自分の好きなものを買い集めたり、ネット上からダウンロードして集めて満足に浸ることもできる。特に無限の情報世界を提供してくれるインターネットには中毒性、依存性すらある。


 


しかしである。そうした圧倒的多数の平和的な“受信生活者”の中には、“発信生活者”の人間に対して、つねに潜在的なコンプレックスを抱いている人間がごく少数ながらいるのだ。 “発信”する人間がたまたま身近にいたりすると、「大したことないのに、いっぱしな顔をしている」ように思えてならないのだ。面白くないのである。


  


そこで、“完璧要求のトリック”をしかけ、相手を凹ませ、束の間の“逆転”を果たし、 “至福の優越感”に浸ろうとするのである。


 


 “完璧要求のトリック(詐術)” の他の例:


 


A: UFO、UFOって、見たこともないやつがあれこれ言ったってしょうがないんだよ。


B: わたしは見ましたよ。


A: え? どこでだよ?


B: 会社の屋上で見たんですよ。三角形で、やたらデカいんです。


A: 飛行機だろ?


B: いえ、飛行機だったら、飛んで行ってしまいますけど、わたしが見たのはいつまでも同じ場所にいるんですよ。それに、とにかくデカいんです。あれは飛行機でも、ヘリでもないです。


A: そんなのは口でならいくらでも言えるんだよ。写真でも撮ってあるんならべつだけどな。


B: 写真撮りましたよ。


A: え? 


B: 3枚写メで撮りましたよ。今持っているスマホじゃなくて、以前使っていたガラケーで撮ったんで、今ここにはないですけれど。


A: でもなー、UFOの写真なんてな、いくらでも作れるんだよ。UFO写真として出回っているほとんどは、でっち上げのインチキなんだよ。


B: わたしのは “でっちあげ” じゃありませんよ。


A: 本物だと証明できんのかよ!


B: 証明もなにも、その場で撮って、写ってるんですからね。


A: だから、言っているだろ、そんなのはフォトショップでいくらでも作れるんだよ!本物だって言うけれどな、そのUFO写真が本物だと専門家が判定したのかよ?どっかの大学のセンセイが科学的に証明したのかよ?


B: そんなことまではしてませんけれど ・・・。


A: そうだろ?そんなんじゃ価値ないんだよ!そんないい加減な写真はそれこそ星の数ほどあるけれどな。やっぱり、ちゃんと科学的に証明されていなかったら意味ないんだよ。相手にされないんだよ。当たり前だよ!


 


 


この“A”の論法を、“完璧要求のトリック” という。


   


● 相手の業績にイチャモンをつけ、高い要求水準を突き付けている。


 


● そしてその要求水準を満たさないかぎり、“いい加減” と断じている。


 


● 与えられた条件下で相手がどれだけのことをしたのかを考慮せず、理屈だけで “完璧”を要求している。


 


● 相手の業績に対して、相手の立場に立った正当な評価をしようとしない。


 


● 自分は何一つ作りださず、単に付け刃の “口だけ” で相手の業績を貶めている。


 


● そしてそれによって、何も作りだしていない自分のほうを優位に置いて、作りだした相手に上から目線で一方的に“説教”をしている。


 


● 作品とその作者は一方的に “ターゲット” にされ、手ぶらの門外漢の“友人” は言いたい放題の権利を行使している。


 


● UFO写真にかぎらず、苦労して何かを作り出す、“発信”する、という経験のほとんどない “友人” はいっぱしの批評家気どりで、“際限のない説教” をすることができる。


 


● そして、“説教” をしている人間は、常に相手を自分の“下”に見ているもので、説教をしているあいだはその“上下関係” に居座り、限りない“至福の優越感”に浸っているのである。


 


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。