記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“陰謀論ぎらい”


“陰謀論ぎらい”


あなたはサンタクロースが存在しないことを何歳のときに知ったか。20歳か?35歳か?45歳か?


“陰謀論”ぎらいの人間は、“サンタクロース信者”である。テレビと新聞をそのまま信じる“子ども”である。常識依存症である。ブランケットを手放せなずいつまでも指をしゃぶっているライナスである。



「わたしはサンタさんはいると思いますよ」 としたり顔で言う老獪な人間か、知的発達にかなりの問題のある者かのどちらかである。


陰謀なんかあるわけない、としらふで言い切る人間はサンタクロース信者であると言えるだろう。



“陰謀論”とは、簡単に言うと “世の中にはウラがある” ということである。


ということは陰謀論嫌いの人間は、 “世の中にはウラがある” ことを否定する人間である。


陰謀論ぎらいの人間は、「世の中には何のウラもない」と信じたいのである。「プレゼントはサンタさんが置いたんだ、パパが置いたんじゃない!」 と思いたいのである。そして、フツーの人間はたいてい“陰謀論ぎらい”なのである。世の中が “額面通り” の、ウソのない世界であってほしいと思っている実にナイーブな人々である。そして、日本人は特にそうなのである。だからこそ、日本はオレオレ詐欺の天国なのである。政府の言うことも、企業の言うことも、組織や団体の声明や発表を額面通りに受け容れる “純粋無垢” な人々の国である。言い方を変えれば、陰謀論嫌いの日本人は、 政府や企業や圧力団体にとって、理想的な国民であり、理想的な消費者である。



世の中の動きがどうも操作されている、真実が多くの場合隠されているようだ、ウソが堂々とまかり通っている、ということはまともな知性の持ち主であれば、どんなに遅くとも50~60歳までに気がつくはずである。世の中を冷静に観察していれば、いやでも “ウラ” があるなと思うようになり、そのほうが説明がつくとわかってくる。


欧米では最近、conspiracy theorist 陰謀論者 ではなく conspiracy realist 陰謀現実主義者 という呼び方が広がってきている。つまり、彼らの主張する “陰謀” が単なる “説”や“論” ではなく、ほとんどが “現実” であることが明らかになってきた結果である。


“陰謀論”は正しいか間違っているかではない。ただ、論としてのレベルの高いものと低いものとがあるだけである。レベルの高いものは、矛盾が少なく、一貫性があり、客観的事実との整合性があり、より多くの事実を説明でき、さらにはそれに基づいて予測、予言すら可能である。


すぐれた陰謀論は突っ込みどころが少なく、証拠が豊富で、多くのことを説明しつつ、一般常識、教科書的説明をみごとにくつがえす。そして、新聞、テレビの一般常識に安住している人間をうろたえさせ、そのうちの一部の人間を “陰謀論ぎらい” にしてしまう。


“陰謀論ぎらい”のひとは、だいたいまともに反論する能力に欠けることが多いので、「陰謀論じゃないか!」 「陰謀論者だろ!」 といった誹謗・中傷的なレッテル貼りに終わる。それでウサを晴らして終わりというわけで、自分の不勉強を省みることがない。



“陰謀論ぎらい” は “50年待ちピープル”である。 真実がたまたま目の前に提示されても、自分の頭を使って真偽を判断するということができないので、受け容れられず、拒絶してしまうのである。50年経って、それが少しずつ常識になってからやっと受け容れる 超スローな人々 である。そして昔からずっと知っていたような顔をする人々である。50年経って生きていればであるが。


 


別記事: “50年待ちピープル” 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。