記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ハンバーガーになるために

ハンバーガーになるために"Did you know Korean people kill dogs and eat them?""No way! How can they do such a cruel thnig? To kill and eat dogs!"                                      参考動画: https://www.youtu...

続きを読む

ふくろうカフェの放置 は 拉致問題の放置 と同じである

 ふくろうカフェの放置 は 拉致問題の放置 と同じである 日本人がふくろうカフェを放置しているのは、日本人が “掛け声だけ” で けっきょくは拉致問題を放置しているのと同じである。   日本は “放置”国家 である。    日本人がふくろうカフェのフクロウたちを助け出さないのは、いつまで経っても日本人が北朝鮮にいる拉致被害者を助け出さないのと同...

続きを読む

ペットとは何か?   ペットから人間を見る

“家畜” は ”奴隷” である。     そして、“ペット” は “セックススレイブ” である。   家畜 も ペット も 動物 である。   他の動物との違いは人間の勝手な利用目的、分類にもとづく。奴隷 も セックススレイブ も 人間 である。   自由人との違いは自由人の勝手な利用目的、分類にもとづく。 女性の奴隷 も、男性...

続きを読む

ふくろうカフェ? アメリカでは違法です!

ふくろうカフェ? アメリカでは違法です! 1905年設立の世界的に知られた権威ある野鳥保護団体であるアメリカの オーデュボン協会  Audubon Society  は、2015年11月に、日本の“ふくろうカフェブーム” について右の記事を公表し、その立場を明確にしている。以下は、その記事の全訳である。(写真はすべて訳者の挿入)  その前にまず、オーデュボン協会  Audubon Society  とは何か?...

続きを読む

ふくろうカフェ、英国王立動物虐待防止協会の見解

ふくろうカフェ、英国王立動物虐待防止協会の見解    2013年 11月7日付の右の記事に RSPCA “英国王立動物虐待防止協会” による日本のふくろうカフェについてのコメントが含まれている。     まず、英国王立動物虐待防止協会 とは何か?ウィキペディアによる概略は右のとおりであるが、動物福祉団体としては世界最大で最も歴史がある。1824年に設立さ...

続きを読む

ロンドンのふくろうカフェ、日本との違い:“ふくろうカフェ”から日本が見える

 ロンドンの ふくろうカフェ Annie The Owl、日本との違い、“ふくろうカフェ”から日本が見える ロンドンは東京とならんで、新しい流行を採り入れるのが早い。それも日本発のものがけっこうある。すでにカラオケが定着して20年以上になろうか。ネコカフェもすでにある。そして、ふくろうカフェができたのが、2015年4月である。調べてみると、日本の一般的なふくろうカフェと大きく違う点がいろいろ...

続きを読む

3.11の歌 「姉の電話」 すべての日に前日がある

日本語版、英語版があり、それぞれにカラオケ版があります。歌ってくださる女性ボーカリスト求む!3.11の歌 「姉の電話:すべての日に前日がある」 <日本語版>1三つのティーカップいつもの夫の残す癖 娘も今日はなぜか一口残して出かけ ミルクティーにはアッサムかしらダージリンもいいけれど ニュースが終わり  そのままドラマが聞こえてた  2電話が鳴って受話器の向こうに姉の声がしていつも...

続きを読む

3.11株価:大災害の到来を知っている人間が常に存在する

3.11株価:自然災害であれ、人為災害であれ、大災害の到来を事前に知っている人間が常にいる。 タイタニック号沈没: 事前に乗船をキャンセルした客が大富豪を含め多くいた広島原爆投下: 当日、広島の陸軍部隊の上級将校はすべて広島から消えていた9.11事件: 事前に当該の航空会社の株が空売りされていた、搭乗のキャンセルが多かった3.11東日本大震災: 数日前から東北の建築関連株が異常に買われていたボ...

続きを読む

「真似してフクロウ飼わないで!」ハリポタ作者の声 反ふくろうカフェ ポスター No.5

「真似してフクロウ飼わないで!」 ハリポタ作者の声反ふくろうカフェ ポスター No.5  「ハリーポッター」 の作者自身は、フクロウの飼育に反対の立場  2012年5月20日付の英国「ミラー」紙によると、ハリーポッターの作者のJ.K. ローリング自身が「主人公にあやかってフクロウをペットとして飼ったりするのはやめてほしいと訴え、 「それは間違っている」 とまで言っている。「そんなことをするかわりに...

続きを読む

「ハリーポッター」の作者、“ふくろうブーム” に苦言

「ハリーポッター」 におけるフクロウ フクロウ人気は「ハリーポッター」に端を発するとすでに書いた。 たしかに小説や映画の「ハリーポッター」における孤独な主人公とフクロウとの心の通い合いはこの物語の中でも非常に重要なアスペクトでもある。作品中、フクロウは主人公にとってかけがえのない“伴侶” である。しかし、これはまったくのフィクションである。フクロウという動物の実際の生態とはまった...

続きを読む

「ハリポタ」のフクロウ と 「ラスカル」のアライグマの図式

 1970年代の「ラスカル」のアライグマ、1990年代以降の「ハリポタ」のフクロウ ・・・ 過ちは繰り返される  日本で現在進行中のふくろうカフェブームの発端が、映画「ハリーポッター」であることは間違いない。   すでに「ハリーポッター」を生んだイギリスでもフクロウをペットとして飼う人が、映画の人気とともに急増したという前例がある。映画「ハリーポッター」にはフクロウが頻繁に登場する...

続きを読む

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。