記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

厚生労働省も「乳がん急増の原因は乳製品である」ことを知っている

引用元記事:http://www.eps1.comlink.ne.jp/~mayus/lifestyle2/milknutrition.html ■■■■■■■■■■■■■■■■ 以下引用 ■■■■■■■■■■■■■■■ 厚生労働省も「乳がん急増の原因は乳製品である」ことを知っている厚生労働省が主管する「がん対策推進基本計画」に、「食生活の欧米化によって欧米型のがん(乳がん・前立腺がん)が増えた」  という主旨の表現が再三にわたって登場する。「食生活の欧米化」 とは何か。欧米人と日...

続きを読む

“ギョベクリ ・ テペ” を知っていますか?

“ギョベクリ ・ テペ” を知っていますか? Göbekli Tepe今から20年ほど前の1994年に、トルコの一農夫が偶然掘り当ててしまった古代遺跡、ギョベクリ・テペ。現在も発掘が続いており、全体の5%ほどが明るみに出てきていますが、発掘完了にはまだあと50年以上かかる見込みです。 人類史の書き換えを迫るような、とんでもない発見ですが、なぜかあまり知られていません。おそらくあまりにも今までの...

続きを読む

ギョベクリ・テペ 建設想像図

ギョベクリ・テペ 建設想像図  /  Building Göbekli Tepe出典:http://science.nationalgeographic.com/science/archaeology/photos/gobekli-tepe/ 1万2千年前の新石器時代の終わりに、まだ農耕を知らずに狩猟採集生活をしていた人類が驚くべき巨石神殿を建設していた。古代エジプトのピラミッドよりも7千年前の時代であった。イギリスのストーンヘンジよりも5千年以上前のことである。1994年にトル...

続きを読む

ギョベクリ・テペ ギャラリー 1

ギョベクリ・テペ ギャラリーすでに20年近く発掘されているが、全体のまだ5%ほどが出てきたに過ぎない。残りの95%を発掘するのにあと50年以上かかると見込まれている。ドイツとトルコの共同発掘プロジェクトによって、薄皮をはがすような地道な発掘作業が続けられている。今までまったく知られていなかった巨石文明の遺跡である。考古学者にとっては夢のような場所である。       &n...

続きを読む

ギョベクリ・テペ ギャラリー 2 夜景

ギョベクリ・テペの夜景巨石文明の遺跡の美しさは夜景において特に印象的である。静かに味わっていただきたい。                   巨石文明と天文学とは切っても切れない縁がありそうである。すでに関連付けの試みが始まっている。    ...

続きを読む

シリア化学兵器問題に一石を投じる尼僧の報告書 原文

<日本ではほとんど報道されないニュースです>https://docs.google.com/file/d/0B8EEXlHT4RkWZVJUdGxQZkdoMFU/edit?usp=sharing シリアのカトリック修道院の修道院長であるマザー・アグネスが国連の人権委員会に提出した報告書 以下の画像はそのごく一部です。リンク先でダウンロードすると全文が得られます(ダウンロードは安全です。ご安心ください)。写真だけでも趣旨はわかります。アメリカ、イギリス、フランスな...

続きを読む

自爆テロはCIAとモサドの仕業

 <日本ではほとんど報道されないニュースです> 自爆テロはCIAとモサドの仕業自爆テロというと、イラクのバグダッドあたりで連日のようにやっていたものだが、今度は舞台がシリアに移ってきた。実はいわゆる”自爆テロ”というもののほとんどはCIAとモサドによる政治的破壊工作であることが2012年5月にトルコの新聞「アイディンリク」によって暴露された。「CIAとモサドは、イラク、パキスタン、リビヤなどい...

続きを読む

シリア“反乱軍”が化学兵器を発射しているとされる映像

シリア“反乱軍”が化学兵器を発射しているとされる映像映像の元タイトルは「Syrian "rebels" are firing chemical weapons」である。リーク映像で短いものであるが、明らかに通常とは異なる弾頭の砲弾を装填して発射している。武器庫で映される装置なども化学兵器について書かれた報道記事の描写に符合する。こういう映像に対しては必ず“でっちあげ”だ、“捏造”だ、“政府軍だろ”と...

続きを読む

シリアの尼僧が“化学兵器被害映像”はニセモノと主張

<日本ではほとんど報道されないニュースです>シリアの修道院長が“化学兵器犠牲者映像”はニセモノと主張 http://www.globalresearch.ca/mother-agnes-mariam-footage-of-chemical-attack-in-syria-is-fraud/5348939シリアでの化学兵器攻撃の映像とされているものはでっちあげである証拠があります、とマザー・アグネス・マリアム・エルサリブ修道院長はRT通信に語った。同修道院はシリアのカラにある。マザー・...

続きを読む

死刑囚を反乱軍にして送りこむサウジアラビア

 <日本ではほとんど報道されないニュースです> 死刑囚を反乱軍にして送りこむサウジアラビアhttp://www.globalresearch.ca/saudi-arabia-death-row-inmates-sent-to-fight-assad-in-syria/5349416Saudi Arabia: Death-row Inmates sent to fight Assad in Syriaシリアにおける反乱軍兵士の残虐さ、極悪非道ぶりは類を見ないほどである。今年に入ってからも反乱軍兵士がシリア政府軍兵士の死体からナイフで心臓をえぐり...

続きを読む

シリア 化学兵器“攻撃”は反乱軍側での“事故”だった: 反乱軍兵士が打ち明ける

 <日本ではほとんど報道されないニュースです> 化学兵器“攻撃”は反乱軍側での“事故”だった・・・と反乱軍兵士が認める。つまり、“被害演出”に使う予定の化学兵器を反乱軍兵士がいじっていたら爆発してしまったというのが発端のようだ。爆発して犠牲者が出たので、そのままシリア政府軍のせいにしたというのが実態である。報道をもっと詳しく見てみよう。http://www.infowars.com/...

続きを読む

化学兵器使用はもちろん反乱軍

<日本のマスコミがはっきり言わないこと>化学兵器使用はもちろん反乱軍こんなことは冷静に考えればわかることなのだが、アメリカやNATOの息のかかったマスメディアの報道によって事実は歪曲され、ほとんど正反対のことが事実として報道されている。実は、起きたことが報道されているのではなく、報道したいことを演出して起こしているというのが事実に近い。報道したがっているのは米英仏そしてイスラエルといった国の利害を代表...

続きを読む

シリア攻撃: アメリカの尻馬に乗る日本は“スネオ”

 見透かされているアメリカ シリア攻撃:米の正当性疑問 西側同盟国に広がらぬ支持http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/world/20130901k0000m030081000c.html 2013年8月31日(土)22:15 【ワシントン白戸圭一】シリアへの軍事攻撃を容認する国連安全保障理事会決議の成立が中露の反対で絶望視される中、オバマ米政権は30日、「我々の価値観と利益に基づく独自の時間軸で決定を下す」(ケリー国務長官)と独...

続きを読む

プロフィール

ザウルス

Author:ザウルス
真実は、受け入れられる者にはすがすがしい。
しかし、受け入れられない者には不快である。
ザウルス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。